おせち料理に対する考え方の変化

 我が家では、ここ数年というもの正月のおせち料理を家で作ることはしなくなり、某コンビニエンスストアやおせち通販で注文して届けてもらうようになりました。そのそもそものきっかけは、友人がそのコンビニの地域統括という立場におり、担当店舗の中で受注数の少ない店舗などがあると、自分の友人や知り合いに「おせち料理はどうする予定?特に決まっていないなら当社のものを考えてみてくれない?」といって、なんとか注文を取ろうとしていたことです。それで私のところにも声がかかり、「じゃあ一度注文してみようか」ということになったわけです。

 これまでのおせち料理の具材は、これはそれぞれの食材や料理に縁起をかつぐ意味合いが込められていることもあって、定番の具材が決まっていてどれも似たり寄ったりのものが多かったように思います。しかし、現在ではその考え方も薄れてきたのか、割と自由な発想で様々な具材を使うようになってきているようで、我が家で注文しているそのおせち料理も和、洋、和洋折衷、中華風といった様々なタイプが作られており、今年はこれ、来年はあれといったように毎年違う味が楽しめるようになっているのは非常に良いことだと思います。現代人は飽きっぽいですから。年配者はもしかすると「こんなものはおせち料理ではない」と、快く思っていないかもしれませんが。

 しかし、日本社会も変わってきています。今では核家族化が進んでいて一世帯の人数が少ないですし、必ず親族一同で集まるというような家でもない限り、おせち料理というのは面倒なものと考えている人のほうが多いように思います。かなりの種類の食材を買ってきた割に、使うのは重箱の一部に入れるほんのちょっとだけというのでは不経済ですし、小さな子供が好きこのんで食べる食材でもないですし。現代人の生活や価値観を考えると、特定の時期の特定の料理は専門の業者に作ってもらって、自分は日頃の疲れを取るために楽をするというのが、経済的にも時間的にも賢い選択ではないでしょうか。